ヤフオクとメルカリのユーザーの違いは?それぞれの販売戦略まで解説!

物販では販路とするプラットフォームによって
売れやすい商品が全く違います。

 

そんな中でつい悩んでしまうのが

どのプラットフォームで何を売るべきなのか。

 

それを理解するためには、

まずはそれぞれのプラットフォームの
ユーザーの違いを理解することが重要です。

 

そこで今回はヤフオクとメルカリの
ユーザーの違いについて解説してから、
それぞれのプラットフォームで何を売るべきかお話してきます!

 

ヤフオクとメルカリのユーザーの違い

ヤフオクとメルカリは安く商品を購入できるという点では同じですが、
実は使用しているユーザーが全く違います。

 

ヤフオク → 競り合って安く購入できるので、男性が好みやすい。

メルカリ → 定額で安く購入できるので、男女共に好みやすい。

 

ヤフオクのメインユーザーは40代〜50代の男性

ヤフオクの大きな特徴はオークション形式です。

 

ユーザー同士で商品の価格を競り合い、安く商品を購入できると
まるでゲームで勝利したかのような満足感を得ることができます。

 

そしてこのオークション形式は一般的な商品よりも、
レアリティの高いコレクター商品の方がマッチします。

 

このゲーム感覚で楽しめるオークション形式と、
コレクター思考が強いユーザーはどちらかというと男性です。

 

かつ、コレクター商品は平均相場が高いことから
可処分所得が多いユーザーが多いです。

 

このことから、

ヤフオクのメインユーザーは40代〜50代の男性と言われています。

 

メルカリのメインユーザーは若い男女

メルカリは定額販売のみのため、
特に使えるお金に限度がある若年層は安心して商品を購入することができます。

 

そして、もともと「シェアをする」コンセプトのプラットフォームのため、
使わなくなった不用品は何でも販売することができます。

 

この不用品を何でも販売できるというコンセプトがポイントで、
これにより幅広い商品がメルカリ上では販売されております。

 

だいすけ
最近ではお子様の図画工作の材料として
トイレットペーパーの芯なども売っているようです笑

 

このことから、

メルカリのメインユーザーは20代〜30代の男女と言われています。

 

ユーザーの違いから見る販売戦略

前述した通り、ヤフオクとメルカリのユーザーには
大きな違いがあります。

 

それでは、この違いからそれぞれのプラットフォームで
どのような商品を販売していくべきなのでしょうか。

 

ヤフオクはカー用品やバイク用品がアツい

ヤフオクにおいて最もポイントなのは、
メインユーザーは可処分所得が高いということです。

 

つまり、ヤフオクで商品を販売すれば
高値で売れる可能性が非常に高いです。

 

そしてそれに加えて可処分所得が高いユーザーは、
自分の好きなことや趣味にはお金を出し惜しまない傾向があります。

 

それでは、40代〜50代の男性が好きな趣味は何でしょうか。

 

そう、ちょうどその人たちの世代で大ブームだったのが
車やバイクなんですね!

 

僕が輸入ビジネス初心者にヤフオクを推しているのは、
車やバイクの部品をヤフオクで販売すれば高値で売れやすく、
初心者でもスピーディーに成果が出やすいためです。

 

もちろん、車やバイク関連の商品以外の商品も売れますが、
ポイントはヤフオクはどの商品カテゴリでも高値で売れやすいことです。

 

メルカリはトレンドの商品がアツい

メルカリのメインユーザーは20代〜30代の男女です。

若いユーザーが多いメルカリでは、
トレンドを抑えた商品が売れやすいです。

 

特にトレンドがはっきりしているアパレルは
非常に売れやすいカテゴリです。

最近では中国から女性向けアパレルを仕入れて、
メルカリで販売する中国輸入が流行ってますが、
まさにこれはメルカリのユーザーにあわせた販売戦略です。

まとめ

ということで今回はヤフオクとメルカリのユーザーの違い
について解説しました。

 

色々と解説してきましたが、時間に余裕があるのであれば
ヤフオクとメルカリどちらにも商品を出品しましょう!

特に最近ではメルカリのユーザー層は若い世代以外にもどんどん広がっています。

 

メルカリでは売れないと思ってヤフオクでしか出品していなかったけど、
いざメルカリで販売してみたら意外と欲しい人が沢山いたというのは勿体無いですからね!

 

「複業」という働き方へシフトしよう

 

今ではebayなどを使えば、世界中のセラーと繋がることができますし、

Amazonやヤフオク、メルカリなどのECショップを使えば誰でも商品を売買することもできます。

 

言ってしまえば、

個人でビジネスを始めるハードルは歴史上最も低くなっています。

 

僕も「複業×輸入ビジネス」という働き方へシフトしたことで

年収を2倍にすることができ、会社に依存した生き方から抜け出すことができました。

 

これからもどんどん個人でビジネスを始めるハードルは低くなり、

「複業」という働き方はますます主流になってくるでしょう。

 

だったら出来るだけ早くスタートラインを切って、

周りよりも少しでも早く会社に依存しない生き方へ走り出しましょう。

 

「複業×輸入ビジネス」のメール講座を無料でやってます。


 

会社から依存した働き方から出来るだけ早く抜け出したい…!
「複業」をして複数の収入源を持ちたい…!

 

こんな悩みを持っている方に向けた

「複業」×「輸入ビジネス」の無料メール講座をやっています!

 

メルマガでは僕が複数の収入源を作った方法や輸入ビジネススキルについて、
すべて無料で解説しています!

 

だいすけ
今なら期間限定で複業×輸入ビジネスで出来るだけ早く成果を出すための
カンニングペーパーをプレゼントしています。

 

だいすけのメール講座を無料受講する

 

「複業」という働き方へシフトすると、

複数の収入源を確立することで「心の余裕」を持てます。

 

全部無料なので、ぜひお気軽にご登録ください!

 


 

無料で受講してみる

About me


だいすけ

埼玉県出身の30歳
慶應義塾大学卒業後、大手メーカーに就職。
しかし、会社に依存した働き方に疑問を感じ、
輸入ビジネスで複業を開始。
今では複数の収入源を構築することに成功し、
心の余裕を手に入れて今まで以上に自分らしく
生きています。

詳しいプロフィールはこちら